すずめのお宿

藤島 芙美子  
郵便番号 815-0082
住所 福岡市南区大楠1-35-17
電話 092-524-4153


大きな地図で見る


すずめのお宿・家族会
へのおさそい


家族同士で支えあい学びあいましょう

『すずめのお宿』家族会は、精神に障がいのある当事者をかかえる家族のあつまりです。
当所は、「しののめ福祉会」として発足し、『すずめのお宿』の例会をもちながら、交流をつづけてきました。
「こころの病」は、発症から回復、社会復帰にいたるまで長期にわたることが多いといわれています。
当事者はもちろん、それを支える家族もどうしてよいかわからず、うまく対応ができなかったり、相談できる場がなく困難に直面することもしばしばです。
家族会では、お互いの悩みや意見を交流しながら、心のよりどころとして励ましあい、支え合い、学びあって、元気をもらってきました。
また、県の家族連合会、全国の家族会『みんなねっと』とも連けいしながら、障がいのある人と家族が安心して暮らせるための制度改善など、はげましあって活動をすすめています。

『すずめのお宿』の例会

家族同士だからこそ、つらい体験や悩みもお互いにわかりあえます。
『家族会の例会』にあなたも参加してみませんか?
◇原則第4土曜日 午前10時半 (6月30日, 7月28日…)
南区大楠にある『あけぼの会・希望』で例会を開いています。(日赤病院のななめ向かい)

例会では、同じ悩みをかかえた家族同士で体験や必要な情報を交流し、病気や治療、福祉について正しい知識を学びあいます。初めての方もどなたでも参加できます。

家族の月刊誌『みんなねっと』を読みましょう。年3,500円

障がいのある人も、ない人も、誰もが普通に安心して暮らせるような地域社会の実現こそが、私たちの切実なねがいであり、目標です。
全国1,600、福岡30余の家族会が力をあわせてがんばっていきます。月刊誌『みんなねっと』が発行され、最新の医療や福祉制度の動きなど、当事者と家族に役立つ情報が掲載されています。会員は購読料年3,000円です。

お問い合わせ先

福岡あけぼの会
福岡市南区大楠1-35-17
担当 藤島 080 (3186) 7303
「家族会」代表 関 Kynrys-821@softbank.ne.jp